著書・論文

相続の法律・税金と事業承継

book01

著者:加藤真朗(編著)
   太井徹、吉田真也(共著)

出版社:中央経済社

争族を防ぐ視点から、財産の配分を定めた法律面での決めごとと、相続税対策・事業承継対策のポイントを解説。「こころ」と「お金」から考える争いを招かない相続の心得を弁護士及び公認会計士・税理士が具体例や図表を用いながら分かり易く説明している。

具体的な争族対策として、「相続財産を正しく把握し、それを基に被相続人と相続人全員が話し合い、その話し合った結果を遺言という形に残す」ということを提言し、遺言について詳細に説明した上で、さまざまなケースに対応した種々の遺言例を挙げている。また、贈与や財産の売買など、生前にとることができるその他の対策についても説明を加えている。

その他、相続発生後の法律関係、相続手続きの流れ、具体的な遺産分割の方法などにも言及して網羅的に解説している。
さらに、相続税対策についても、具体的かつ幅広く詳説しており、相続対策の進め方が、法務面でも税務面でもワンストップで理解できる構成となっている。

とりわけ、会社経営者の方、地主の方、お子様と同居されている方、介護等でお子様を頼られている方、経済的に恵まれていないお子様がおられる方には必読の書。

各項目ごとに「こういう方は要注意」と、注意すべき立場にある人を指し示しており、読者にとって必要な項目から読める構成になっている。

目次

  1. 序 章  「相続」はなぜ「争族」となるのか
  2. 第1章  法律が定める遺産の分配
  3. 第2章  生前の相続対策(1)-遺言
  4. 第3章  生前の相続対策(2)-贈与
  5. 第4章  相続税対策の第一歩
  6. 第5章  事前に行える相続税対策
  7. 第6章  事後でも可能な相続税対策
  8. 第7章  ビジネスを受け継ぐ事業承継