法律情報

東芝 2017年3月期の決算発表

東芝は10日,2017年3月期の有価証券報告書をようやく提出しました。監査法人からは,「限定付き適正」の意見が付されています。法的期限から1カ月余り遅れての提出ながら,この件での上場廃止はひとまず回避されたと見られます。前期の最終損益は9656億円の赤字で,前期末時点の債務超過額は5529億円で確定しました。

また,有価証券報告書に付随する内部統制報告書には,不適正意見が付されています。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD10H0M_Q7A810C1MM0000/