法律情報

富士フィルム 不適切会計による影響額の拡大を発表

富士フィルムホールディングスは,6月12日,本年4月に判明した,海外子会社の不適切な会計処理による損失額が,従来の累計220億円から375億円に拡大すると発表しました。

ニュージーランドの子会社だけでなく,オーストラリアの子会社においても不適切会計が確認されたためとしています。

http://www.fujifilmholdings.com/ja/investors/pdf/other/ff_irnews_20170612_001j.pdf