法律情報

法律情報: 2017年4月

報道等によりますと,オリンパスの粉飾決算事件に絡み,同社に損失を与えたとして,同社及び株主の男性が旧経営陣16人に対して損害賠償を求めた訴訟の判決が,4
平成29年5月29日から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まります。 この制度は,登記所(
富士フィルムホールディングスは,4月20日,同月27日に予定していた2017年3月期の決算発表を延期することを発表しました。連結子会社の富士ゼロックスの
安愚楽牧場が全国から出資金を集めて経営破綻した問題をめぐり,近畿地方の出資者9人が元役員らに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が,4月20日,大阪高裁で出
報道等によりますと,ロッテグループの創業者が,招集通知を受け取っていないにもかかわらず取締役会が開かれ,代表権を有する会長を解任されたなどとして,かかる
4月12日,債権関係規定(債権法)に関する民法改正案が,衆議院で可決されました。今国会中に成立する見込みです。民法の債権分野の抜本的な改正は民法制定以来
東芝は,4月11日,2度延期していた2016年4~12月期の連結決算を発表しましたが,決算を担当する監査法人による意見は不表明となりました。米国ウエスチ
金融庁は,4月11日,投資会社アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)グループの実質的な代表を務める男性に対し,関連企業の株価をつり上げたとして,金
サッポロビールは,4月11日,ビール系飲料「極ゼロ」に関して自主納付した酒税115億円の返還を求め,国を被告として東京地裁に提訴したことを公表しました。
相続人が信用金庫に対し,被相続人が有していた定期預金債権及び定期積金債権を相続分に応じて分割取得したなどと主張して,その法定相続分相当額の払戻し等を求め
報道等によりますと,東芝の会計不祥事による株価下落で損失を受けたとして,信託銀行11行が,3月31日付で,東芝に対して計約140億円の損害賠償を求める訴
弁当店「ほっともっと」の店長だった男性が,権限や裁量のない「名ばかり管理職」であるにもかかわらず残業代が払われなかったとして,「ほっともっと」の運営会社
報道等によりますと,アディーレ法律事務所が不適切な宣伝行為を理由に消費者庁から行政処分を受けた問題で,東京弁護士会など複数の弁護士会の綱紀委員会が,法人

これ以前の記事は過去の記事にございますので、そちらをご覧ください。