加藤&パートナーズ法律事務所

加藤&パートナーズ法律事務所

法律情報・コラム

法律情報・コラム

法律情報・コラム: 2020年5月

 契約文書の電子化③ ― 電子化が可能な文書 1 はじめに  本稿では、契約文書の電子化の導入に関連して、現時点(令和2年5月28日現在)で、書面化が必
 契約文書の電子化② ― 法律上、電子署名が手書きの署名・押印と同様の機能を果たすか 1 はじめに  契約文書の電子化① ― 契約文書の電子化の意義・方
契約文書の電子化① ― 契約文書の電子化の意義・方法 1 はじめに-契約文書の電子化の必要性が高まっている  新型コロナウイルス感染症拡大によって、「
 株式会社東京証券取引所(以下「東証」といいます。)は、本年2月21日、現行の市場区分の変更や上場基準を変更する新制度案(以下「新制度案」といいます。)
はじめに  本稿を始めとする一連の記事においては,新型コロナウイルス感染症の影響により契約上問題となり得る法的責任についてお話ししております。  新型コ
はじめに  本稿を始めとする一連の記事においては,新型コロナウイルス感染症の影響により契約上問題となり得る法的責任についてお話ししました。  前稿では,
はじめに  新型コロナウイルス感染症の感染拡大により,令和2年4月に緊急事態宣言が発令され,5月にも緊急事態宣言が延長され,人との接触や外出の自粛が要請
はじめに  本稿を始めとする一連の記事においては,新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,企業の皆様が令和2年度の定時株主総会において,直面しうる
はじめに  本稿を始めとする一連の記事では,新型コロナウイルス感染症対策を踏まえ,企業の皆様が行いうる労務管理とその導入手順,導入により受け取ることがで
はじめに  本稿を始めとする一連の記事では,新型コロナウイルス感染症対策を踏まえ,企業の皆様が行いうる労務管理とその導入手順,導入により受け取ることがで
はじめに  新型コロナウイルス感染症対策により,企業においては,取締役同士の現実の接触なくして取締役会を開催することができないか検討されていることかと存
はじめに  本稿を始めとする一連の記事においては,新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,企業の皆様が令和2年度の定時株主総会において,直面しうる
はじめに  本稿では,前稿に引き続き,新型コロナウイルス感染症の影響によるイベントの中止,延期等により,生じうる法的問題及びその対応についてお話しします
はじめに  令和2年4月,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,全国に緊急事態宣言が発令され,5月にはその期間の延長が発表されました。緊急事態宣
M&Aにおける株式交換④ ― 株式交換の手続③ 第1 はじめに  本稿では、M&Aにおける株式交換② ― 株式交換の手続①で紹介いたしました株式交換手続
はじめに  本稿を始めとする一連の記事においては,新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,企業の皆様が令和2年度の定時株主総会において,直面しうる
はじめに  本稿を始めとする一連の記事においては,新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,企業の皆様が令和2年度の定時株主総会において,直面しうる
はじめに  本稿を始めとする一連の記事においては,新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から,企業の皆様が令和2年度の定時株主総会において,直面しうる
 相続人の廃除 第1 はじめに  自身の相続人として3人の子がいるものの、そのうちの1人の息子は、これまでに何度も暴言を吐いたり、暴力を振るうなど、被相
M&Aにおける株式交換③ ― 株式交換の手続② 第1 はじめに  本稿では、M&Aにおける株式交換② ー 株式交換の手続①で紹介いたしました株式交換の手
遺贈② ― 遺贈の担保責任及び負担付遺贈 第1 はじめに    遺贈① ー 遺贈の意義では、遺贈の意義について紹介いたしました。    本稿では、遺贈の
遺贈① ー 遺贈の意義 第1 はじめに  遺産分割方法の指定及び相続分の指定では、遺言によって遺産分割の分割方法を指定を行ったり、相続分の指定を行うこと
M&Aにおける株式交換② ― 株式交換の手続① 第1 株式交換の手続    株式交換の手続きは、以下の通りの流れで行われます。     本稿では、株式交
相続分の指定 第1 はじめに  遺産分割方法の指定でご紹介いたしましたとおり、各相続人が相続する財産を具体的に特定して遺言を行うことが可能です。  これ
はじめに  令和2年4月,新型コロナウイルス感染症の感染拡大により緊急事態宣言が発令され,5月にもその期間が延長される旨発表されました。緊急事態宣言にお
はじめに  新型コロナウイルス感染症の感染拡大により,令和2年4月に緊急事態宣言が発令され,同年5月にその期間が5月末まで延長されました。日本企業の多く

これ以前の記事は過去の記事にございますので、そちらをご覧ください。

トップへ戻る