加藤&パートナーズ法律事務所

加藤&パートナーズ法律事務所

法律情報・コラム

法律情報・コラム

法律情報・コラム

 金融商品取引法は、有価証券の発行及び交付に際して情報を開示する義務を定めているところ、M&Aの実施に当たっては、当事会社の性質及び選択するスキーム如何
 上場会社が当事者となるM&Aにおいては、金融商品取引所規則による一定の情報開示(適時開示)を行う必要がある場合があります。  したがって、M&Aを検討
●はじめに  独占禁止法では、第4章(9条から18条まで)において、企業結合に関する規制を設けております。  大規模の会社が関係するM&Aや規模がそれほ
●M&Aと独占禁止法⑴へ ●企業結合と競争の実質的制限  前記のとおり、競争の実質的制限とは、競争自体が減少して、特定の事業者又は事業者集団がその意思で
判事事項  民法916条にいう「その者の相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時」とは,相続の承認又は放棄をしないで死亡した者の相続人が,当
誰が相続人になるのか  人が死亡した場合に,誰がその人の相続人になるのかは極めて重要な事柄です。誰が相続人になるのかを理解して頂くために不可欠な知識とし
第1 はじめに 「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」が,令和元年5月29日に成立し,同年6月5日に公布されました。
 民事執行法の改正,ハーグ条約の実施に関する法律の改正を行う法律が,令和元年5月10日に成立し,同年5月17日に公布されました。同法律は公布日から1年以
 改正独占禁止法が、令和元年6月19日、第198回通常国会にて成立しました。  施行の期日は、令和2年末頃を予定しているとのことです。  今回の改正は、
第4 遺留分制度に関する見直し 1 はじめに  遺留分制度については,①遺留分減殺請求権の効力及び法的性質,②遺留分の算定方法,③遺留分侵害額の算定にお

これ以前の記事は過去の記事にございますので、そちらをご覧ください。

トップへ戻る