加藤&パートナーズ法律事務所

加藤&パートナーズ法律事務所

法律情報・コラム

法律情報・コラム

法律情報・コラム

参議院選挙に突入しましたが、今一歩盛り上がりに欠ける状況です。 ロシアのウクライナ侵攻で、我が国を取り巻く安全保障環境の現実を多くの国民が認識しましたか
遺留分減殺請求権の行使によって準共有状態となった株式について、準共有者の一部の者のみに対して売渡請求をすることを認めた事例 東京高判平成24年11月28
株主との合意による自己株式の取得に係る瑕疵の治癒が認められた事例 大阪高判平成25年9月20日 判時2219号126頁(確定) 原審:大阪地判平成25年
当事務所の客員弁護士でもある伊勢田道仁関西学院大学教授が、今般『基礎講義会社法』を上梓しました。 分類するとすれば、会社法の基本書とか体系書、または教科
特例有限会社では、任期の定めのない取締役は、正当な理由なく解任されても、会社法339条2項に基づく損害賠償請求はできないとして、元取締役による損害賠償請
「Board3.0」という言葉が流行っています。 日経新聞でも紹介されていたので、目にされた方も多いと思います。 米国のロナルド・ギルソン、ジェフリー・
日本を代表する企業の一つ、東芝の迷走が続いています。 私の世代ならば、サザエさんのアニメのおかげで小さな頃から親しみのある会社です。 直接の利害関係はあ
ウクライナの善戦によりロシアの当初の目論見は破綻したようです。 しかし、プーチン大統領が核使用を示唆するため、NATOの参戦は叶わず、ロシア・ウクライナ
同族会社において、会社が株主総会の決議等を経ることなく支給した取締役報酬相当額の金員につき退任取締役に対して損害賠償請求をすることが信義則に反し、権利の
設立時や新株発行時に発行される株式を引き受けて原始株主となる者が会社に対してなした会社法121条所定の事項の株主名簿記載請求が認容された事例 東京高判令

これ以前の記事は過去の記事にございますので、そちらをご覧ください。

トップへ戻る