加藤&パートナーズ法律事務所

加藤&パートナーズ法律事務所

法律情報・コラム

法律情報・コラム

法律情報・コラム

● 本判決のまとめ  これまでの説明(イビデン事件(最高裁平成30年2月15日・判時2383号15頁)⑴,イビデン事件(最高裁平成30年2月15日・判時
 イビデン事件(最高裁平成30年2月15日判決・判時2383号15頁)⑴では,親会社の子会社従業員に対する2つの信義則上の義務が問題となっていることを,
 イビデン事件(最高裁平成30年2月15日判決・判時2383号15頁)⑴では,原審の判断枠組みと異なり,最高裁は,2つの異なる義務に分けて,親会社の責任
 第101回企業法務研究会において,最高裁平成30年2月15日判決・判時2383号15頁(イビデン事件,以下「本判決」といいます。)を取り上げました。
1 寄与分とは 寄与分とは、被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をした相続人がいる場合に、この相続人に特別に与えられる持分割合を意味します(
第1 会社分割の意義 1 会社分割とは  会社分割とは,会社(分割会社)が,自らが行っている事業に関する権利義務を他の会社に承継させる行為をいいます。
1 はじめに 被相続人は,生前,複数いる相続人のうち特定の相続人に対してのみ生活費や結婚資金の援助を行ったり,事業を行っている特定の相続人に対してのみ不
 金融商品取引法は、有価証券の発行及び交付に際して情報を開示する義務を定めているところ、M&Aの実施に当たっては、当事会社の性質及び選択するスキーム如何
 上場会社が当事者となるM&Aにおいては、金融商品取引所規則による一定の情報開示(適時開示)を行う必要がある場合があります。  したがって、M&Aを検討
●はじめに  独占禁止法では、第4章(9条から18条まで)において、企業結合に関する規制を設けております。  大規模の会社が関係するM&Aや規模がそれほ

これ以前の記事は過去の記事にございますので、そちらをご覧ください。

トップへ戻る